12月も半分が過ぎ……
師走というだけあって、
駆け抜けていきますね。

お久しぶりのブログになってしまいました。

先週は、夫が不在の中 大雪に見舞われ。

その前の週は、夫と娘が順番に体調を崩していました。

思い返せば、一年前の12月も娘が風邪を引いて
しばらくお休みしていたのでした。

一年の疲れが年末にどっとくるのかもしれませんね。
みなさんは、体調崩されていませんか?


イレギュラーな状況でも、
仕事は「まったなし!」

なんとか時間をやりくりしての生活を過ごしました。

いつもと違うからこそ、気付けたことがありましたよ。



2016-12-12-10-08-42

突然の大雪。

家を出ようとしたら、雪が数十センチつもっていて、外に出られない。

あわてて道具を持ちだし、雪かきをはじめた。

30分? 1時間?

外に出られるように道をあけて、着替えとPCを鞄につめ
娘を抱っこひもで抱え、家を出た。

路面電車に乗って、実家へ向かおうとしたら
「運転休止」の文字。

路面電車が雪で運休になるのは、
大正時代に「ササラ電車」という
除雪用電車が登場して以来、
はじめてのことだという。

数日前に、雪のないアスファルトを見て
「あぁ〜そのうち、ドカッと降りそう」と
覚悟はしていたけれど、予想以上の降り方だった。


大雪の一週間前から、想定外の生活だったけれど。

夫が風邪を引き(誕生日だったのに……!)
それに続いて、娘も発熱。
いったん下がったと思ったら、また上がり、を繰り返して
4日間、お休みした。

ちょうど、その週の金曜日に
モグマグの初校を提出することになっていた。

「家族が体調をくずして……」と
日にちをずらすことも出来たけれど、
後々の進行を考えると、ずらさずに進めたいところだった。


お昼寝中と、よる就寝してからの制作。

いつもは、途中でSNSに気を取られてしまうけれど
そんな暇はない。

こころなしか、いつもより集中力もアップして
意外にも、問題なく仕事は進んでいった。


そういえば、2年前
娘を保育園に預ける前も、こうして
寝ている合間をぬって仕事していたな〜
よくやってたな〜
と懐かしく思い出した。



子どもは、いつ熱を出すかわからない。

だから、一秒一秒が真剣勝負。

「明日なんて、どうなるかわからない」
そう思いながら、毎日、仕事をしていた。


それがいつの間にか、「明日でいいかな」になっていた。
無駄な時間、集中力を欠いた時間が
知らず知らずのうちに増えていた。

あまり風邪を引かない娘に甘えていたのかも。


制約があることで、
ムダを見直したり効率の悪さに気付くきっかけが出来た。


これは、仕事に限ったことじゃなくて家事もそうで

買い物にもあまり行けなかったので、
冷蔵庫にあるものを使って短時間で出来るものを
工夫して作ったり

仕事のデータを送っている合間に
パパッと掃除や洗濯をしたり


今まで、ムダに時間をすごしていたな〜とか
この作業いらなかったよね。
と思うことがたくさんあったから
少しずつ見直していこうっと。


今週からは、娘も元気に保育園へいき
いつも通りの仕事のペースにもどった。


ハードな日々を乗り越えたら、
前よりも早くお迎えにいけるようになったので
一緒に夕飯のおかずをつくったり
ちょっと寄り道を楽しんだりしています。