先週の東京滞在でのおいしい記録です^^


昨年秋のおいしいもの雑記帳vol.1はコチラ→


TOSA DINING おきゃく

2017-05-21-11-51-19



到着した日の東京は28度!
札幌との気温差にくらくらしていたところに出会った
カツオのたたきの写真。

薬味たっぷりで、おいしそう〜と
吸い込まれるように入ったのは
TOSA DINING おきゃく

銀座1丁目にある高知県のアンテナショップ2階にあります。

高知県といえばカツオ!
そして今が旬!

藁焼きのカツオは肉厚で、
たまねぎ、ショウガ、にんにく、ねぎ、ミョウガなど
たっぷりと添えられた薬味と一緒にいただきます。

テーブルは、これまた高知県特産の
ゆず果汁が小瓶でおかれていて
たたきに数滴たらすと爽やかな風味が増し、
さっぱりと美味しくいただきました^^



他にも高知鮮魚のお刺身御膳や
四万十鶏の藁焼き、
釜揚げちりめん丼などもおいしそうでした。

運良く並ばずに入れましたが、
わたしが帰る頃には待っているお客さんも
何組かいらっしゃって、店内はにぎわっていました。


---------------------------------

TOSA DINING おきゃく

住所:
東京都中央区銀座1-3-13 オーブ プレミア2階
Tel:
03-3538-4351
営業時間:
平日
 ランチ  11:30~15:00 / LO 14:30
 ディナー 17:30~23:00 / LO 22:00ドリンク22:30
土日祝
 ランチ  11:30~15:30 / LO 15:00
 ディナー 17:30~22:00 / LO 21:00ドリンク21:30
 ※ランチとディナーの間はクローズ

---------------------------------




京橋千疋屋 京橋本店でモーニング

2017-05-22-08-09-31

今回は、ホテルでの朝食をつけなかったので
たまには外でモーニングなんて良いかも? と思い立ち、

「京橋 モーニング」で検索。


出てきたのが京橋千疋屋のモーニングでした。


千疋屋といえば高級フルーツなので、
ドキドキしながらモーニングのメニューを見ると540円(税込み)〜

スタバに行って、コーヒーとフードを頼むのと変わらない。
いや、むしろ安い?

ということで、
早起きして
仕事に向かうスーツ姿の人たちの流れにさからって
ワクワクしながら千疋屋へ。

サンドイッチセット(756円)をいただきました。

ふわっとしっとりしたパンに挟まれた
ハム、トマト、キュウリ、卵のバランスがほどよく、
ときどき感じられるバターの風味。

こんなにゆっくり朝ごはんを食べられるのは久しぶりだ〜と
じっくり味わいながらいただきました。


そして、添えられたフルーツのおいしいこと……!
溢れ出るジューシーな果汁に、幸せなひとときでした。

札幌ではなかなかモーニングに行けないので、
つかのまの贅沢時間でした^^


---------------------------------
京橋千疋屋 京橋本店

住所:東京都中央区京橋1-1-9
TEL: 03-3281-0300
営業時間:

月 8:00~20:30 (ラストオーダー 17:00)
※月曜はバイキング開催のため、飲食は17:30までとなります。
火~金 8:00~20:00(ラストオーダー 19:30)
土日祝 9:30~18:00 (ラストオーダー 17:30)

---------------------------------


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6624431958533612"
data-ad-slot="3323640886"
data-ad-format="auto">




銀座で北海道米に出会った 
AKOMEYA TOKYO

2017-05-22-11-53-45


最近、すっかり洋食よりも和食派に。

2日目のランチは、
お米に焦点をあてたライフスタイルショップ
AKOMEYA TOKYO内にある
AKOMEYA厨房へ向かいました。

いただいたのは、稚鮎と季節野菜の天ぷら御膳

稚鮎は少し苦みが あって大人の味わい。
季節野菜は、ミョウガ、こごみ、たらの芽、れんこん、かぼちゃ……
特にれんこんは、シャキシャキ感がありながらも
甘みがあって、とーってもおいしかったです。

ごはんは、土鍋で炊かれたもの。
その日によって品種がちがうそうで、
この日はなんと北海道産「ゆめぴりか」でした!

副菜のカブとひじきの梅和えが、
さっぱりして美味しかったので
今度家でも試してみよう〜なんて思いつついただきました^^


実は、前日に一度チャレンジしたのですが、
開店前からすでに並んでいて……
時間がなかったため、断念したのでした。

この日は、早めにいってリストに名前を書き
店内でお土産探しをしながら、
待ち時間を楽しみました。

2階建ての店内には、全国からよりすぐったお米や
ごはんのお供。土鍋やお茶碗など、
「お米まわり」のさまざまな物が置かれていて
全部は見切れないまま、ランチタイムを迎えました〜
ごはん好き、雑貨好きにはたまらないお店です^^


---------------------------------
AKOMEYA TOKYO
050-5590-5285

住所:東京都中央区銀座2-2-6
電話:
03-6758-0270 (お買いもの)
   03-6758-0271
(AKOMEYA厨房)

営業時間:
【お買いもの】
月~木・日・祝日 11:00~20:00
金・土・祝前日 11:00~21:00
【AKOMEYA厨房】 11:30〜22:00
お昼の時間 11:30〜14:00
お茶の時間 14:00〜17:00
夜の時間  17:00〜22:00
(ラストオーダー お食事 21:00/お飲み物 21:30)

---------------------------------

今回は、宿泊先が銀座だったので
銀座界隈でお食事をしました〜

学生時代に銀座のカフェでバイトしていたのですが
その頃とかなりお店も入れ替わっていて、
アンテナショップがずいぶん増えたな〜という印象でした。



東京滞在は、いつも会いたい人、行きたい場所、見たいものがたくさんで
後ろ髪ひかれつつ帰札しました。
またゆっくり行きたいな〜




Facebookでフォローいただくと、ブログの更新情報が受け取れます^^

 

◾️高橋さやかのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



↓食育フリーマガジンmogmag(モグマグ)の詳細やヒストリーはコチラ↓







◾️子どもと食に関する「知りたい!」がつまったモグマグ。

子育て中のママに大変好評です。

札幌市内近郊の子育て支援センターなどで配布している他、

遠方の方にはご郵送しています(送料別途)。


「mogmag モグマグ」を読んでみたい!という方は…

0_mogmag_04_hyou1

こちらからお取り寄せが出来ます

※ご注意ください※
サイトの性質上、価格が250円となっておりますが
本体は0円、250円は発送手数料として頂戴しております。