東京滞在記の2日目を書こうと思いながら・・・あっという間に2週間が経過してしまいました。

だいぶ時間が空いてしまいましたが、
2日目 
9月23日の記録です。




前日にちゃんこ霧島で、靴を片方なくしてしまった娘。
翌朝になっても音沙汰がないため
このままでは、出かけられない!!

ということで、娘の靴を調達するところから1日がスタートしました。

向かったのは、
両国から総武線で1駅の錦糸町。

なんとなく私の中で
「アド街ック天国」のイメージがある町・・・初めておりた。


改札をぬけて、あらかじめ調べておいた
北口のアルカキッテという商業施設へと向かいました。


2017-09-23-09-59-44
錦糸町駅の北口をでると、正面にスカイツリーが。


アルカキッテには、
赤ちゃん本舗、ユニクロ、無印良品、GUなどなど低予算で靴を調達できそうなお店がずらり。


靴屋さんも入っていましたが、いろいろ見て回った結果、足の甲が厚い娘が試着せずとも絶対に大丈夫そうな無印良品のスニーカー(ひもがゴムになっている)を購入し、足早にホテルで待つ夫と娘の元へと戻りました。




ホテルに戻り
でかける準備万端の娘に靴をはかせ
友人家族のまつ上野へ出発!



錦糸町へ向かう際の電車がさほど混んでいなかったため、タカをくくっていましたら、乗った電車は超満員。


都会の荒波にもまれた夫は「絶対住めない」とつぶやいていました。



この日の目的は、
上野にある国立科学博物館。


2年前のフリーペーパー大賞の授賞式がおこなわれた場所でもあり
わたしにとっては思い出深い場所です。


家族で訪れる日が来るとは思わなかったので、ひとり感慨深くなっていました。




靴の一件で、到着がお昼近くになってしまったため、上野駅改札内にあるエキュートで、お昼ご飯を調達。


パンより米派な、髙橋家。


ちゃんこの〆はうどん、
朝食はパンだったので

そろそろお米が食べたいよね、
ということで

一番最初に目に入った

でおにぎりを買い、
国立科学博物館へと急ぎました。


2017-09-23-14-21-31

国立科学博物館は、常設展、企画展、特別展、シアター360で構成されており
私たちが今回足を運んだのは常設展。

日本館と地球館という2つの建物で常設展示がされています。


この日の特別展「深海」は3時間待ちという長蛇の列でした・・・!


今回は、地球館を中心に見て回りました。

2017-09-23-12-45-15

まず1階の展示室にはいって驚いたのは、その展示の膨大さ。

小さな昆虫から、大きなクジラの標本までありとあらゆる生物がびっしりと、
足元から天井にいたるまで展示されている様子は圧巻です。



ゆっくりじっくり見て回りたいところですが、ここは子連れの宿命


子どもたち(主にわが娘)が、どんどん先へ先へとすすむので


後ろ髪ひかれつつ、足早に展示場内を見ていきました。

2017-09-23-13-19-51

2017-09-23-13-37-19
暗めに設定された照明の効果もあって
少々異様な雰囲気さえ感じた動物たちの剥製がずらりと並ぶ三階


2017-09-23-13-03-53

なかには、体験できる展示も。


そして、今回いちばんのお楽しみだったのが4から6歳のお子さんとその保護者の方を主な対象とした展示室
友人家族が、朝早くに並んで入場整理券を獲得してくれました。ありがとう!!

コンパスは、遊びの中に体験や発見、親子のコミュニケーションを促すしかけが盛り込まれた施設で
大人も一緒になって遊具で遊ぶことができます。

2017-09-23-15-19-12

2017-09-23-15-10-48

2017-09-23-15-18-49
2017-09-23-15-11-11

私も一緒になって、中を探検! 

すばしっこい娘についていくのは至難の業で、天井に頭をぶつけたりしながらも、子どもに戻った気分で、ワクワク。

標本にも
実際に 触れてみることができて、「わぁ~こんな手触りなんだ。ふわふわだね」と
娘との会話もはずみました。
2017-09-23-15-16-54

2017-09-23-15-39-04
夫がふと見上げたら、娘が顔を出していて撮れた奇跡の一枚。笑
2017-09-23-15-31-33

コンパス内は駆け回って遊ぶだけでなく、科学に関する絵本や
アクリル樹脂に埋め込まれた植物や昆虫の標本を大小さまざまな虫眼鏡で観察するコーナーも。

2017-09-23-15-36-39
虫眼鏡にあこがれていた娘は、
うれしそうにとっかえひっかえ虫眼鏡で世界をのぞいていました。
IMG_5692

充実の内容で利用時間の45分は、あっという間。


退室時にごねるかな~と心配していましたが

「あと10分です。みんなでおかたづけしましょう」

とアナウンスが入るのと

みんなが一斉に退室するので、
思いのほかすんなり。


親子とも楽しい気持ちを持ったまま後にすることができました。



駆け足で展示を見ても、1日じゃ足りないほど内容の濃い展示だった国立科学博物館。
娘が成長したらまた訪れてみたい場所のひとつとなったのでした。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6624431958533612"
data-ad-slot="3323640886"
data-ad-format="auto">




実は、当初 上野動物園にいこうと思っていたのですが

直前になって娘が
「博物館のほうがいい」と言いだし・・・


理由をたずねた夫によると「幼稚園にずかんがあって、そのうしろに博物館がのっていて行ってみたかった」そう。



何がきっかけで、どんなものに興味をもつかわからないし

大人だけで決めるのでなく、子どもの意見も取り入れて目的地を決めると、思わぬ発見があっておもしろいな~と感じました。


-----------------------
国立科学博物館

〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20
【お問い合わせ】 ハローダイヤル: 03-5777-8600

【アクセス】
  • JR「上野」駅(公園口)から徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分
  • 京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分

【開館時間】

通常

9:00 ~17:00

(入館は16:30 まで)
金曜日・土曜日 9:00 ~20:00 (入館は19:30 まで)

【入館料】
常設展示 普通入館者 一般・大学生 620円
高校生(高等専門学校生含む)以下 無料


-----------------------

おまけ

IMG_5577

コンパスの待ち時間に、博物館前のシロナガスクジラのオブジェの下で草むしりをはじめた子どもたち。子どもにとっては、どんな場所でもすぐに遊び場になるのでした。




Facebookでフォローいただくと、ブログの更新情報が受け取れます^^

 

◾️高橋さやかのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



↓食育フリーマガジンmogmag(モグマグ)の詳細やヒストリーはコチラ↓







◾️子どもと食に関する「知りたい!」がつまったモグマグ。

子育て中のママに大変好評です。

札幌市内近郊の子育て支援センターなどで配布している他、

遠方の方にはご郵送しています(送料別途)。


「mogmag モグマグ」を読んでみたい!という方は…

0_mogmag_04_hyou1

こちらからお取り寄せが出来ます

※ご注意ください※
サイトの性質上、価格が250円となっておりますが
本体は0円、250円は発送手数料として頂戴しております。