4


・・と言いつつ、今日もあと数時間で日付が変わろうとしています。




今日は朝から、STVラジオ「工藤じゅんきの十人十色」内で
さっぽろ吉本のしろっぷのお二人とともに、
モグマグ最新号とはじめのひとくち展の紹介をさせていただきました。

IMG_8787
モグマグを置いていただいているフォカッチェリア ハコさんの前で。
 
しろっぷのお二人には、3年前のモグマグ創刊時にも
一緒にラジオに出させていただき3年ぶりの再会!
5分という短い時間の中、軽妙なトークで
内容をギュギュッと凝縮してお話ししてくださいました。



ラジオの放送が終わり、移動しようと歩き出したら
「高橋さんも乗って行きませんか?」と
車でさっぽろ駅まで送ってくれました。優しすぎる・・



午後からは、備品の買い出しと会場のノーザンキッチンさんとの最終打ち合わせ。
あと3週間というタイミングで申し出た、
農家さんとのコラボスイーツ&キッシュに
「まだ3週間ありますから」と前向きに応じてくださった担当の松本さん・・
そして、残りの数日で、試作→完成させてくれるという料理長さんの懐の大きさに感動です。

農家さんも食材の手配など、お忙しい中対応していただき感謝です。


そして、夜は小樽に移動して「大人のための児童文化講座」でした。
絵本と児童文学について、心理学・哲学的観点から学ぶこの講座は、
昨年の春から受講しています。
自宅が仕事場の私にとって、月2回の小樽への移動がちょっとした楽しみで、
2時間近い講義で頭がパンパンになりつつも、
毎回充実した心持ちで帰路に着くのです。


**


前置きが長くなりましたが・・
はじめのひとくち展では、イベントの最後に
小樽在住のシンガーソングライター
中田雅史くんのライブを用意しました!
 
役立つステージも大切に作りつつ、
最後はその場にいる人みんなで楽しく盛り上がりたい!

そんなステージを作ってくれるのは、雅史くんしかいない!!!
とオファーしたのは5月のこと。



最初に存在を知ったのは、5年くらい前で
あるイベントのチラシとポスターを作ったことがきっかけでした。
「こんな人がいるんだなぁ〜」なんてぼんやり思いながら、
チラシとポスターを作り、そのときは終了。


それから4年後の去年。

いつもお仕事でお世話になっているおばんざいと和食のお店風香さんで、
雅史くんのライブがあると知り
「あ、この人は!」というのと、
3.11のチャリティーライブだったことから、
家族で足を運びました。
 
image



そこで聴いた歌声が、なんていうか、めちゃくちゃ心に響いてきたんですよね。


で、全国の尾崎豊ファンにごめんなさいなんですけど、
中学生の頃から尾崎豊があまり好きじゃなかったんです。
というのも、中学時代の給食時間に、
尾崎豊の「アイラブユー」がエンドレスリピートされた日がありまして。

それ以来、体が拒否反応を示すように・・だったのですが、

そのライブで雅史くんが歌った尾崎豊を聞いて
「こんなにいい曲だったんだ!」と私的にはかなりの衝撃でした。

その後も、タイミングの合うときは娘と2人だったり、家族3人でライブに出かけています。



雅史くんの曲は、
家族だったり食べものをテーマにした曲、
子どもたちも一緒に盛り上がれる曲、
心にじんわりと響いてくる曲・・などなど

ぜひ親子で聴いて、楽しんで、あたたかい気持ちになってもらいたい
・・そんな曲がいっぱいです。


想いが溢れてまた長文になってしまった・・
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!

はじめのひとくち展でのステージは、
10月20日(土)16:00〜

絶対に楽しくて、あたたかい時間になると思いますのでお楽しみに♪
ご都合の合う方は是非お越しくださいね^^

=================
「はじめのひとくち展」【入場無料】
=================
日時:10月20日(土)12:00〜17:00
会場:ノーザンキッチン
北海道札幌市中央区南2条西5丁目26−5 ラ・ジェント・ステイ札幌大通2F

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
モグマグの誌面に掲載している離乳食への取り分けができるレシピの実演、
楽しく役立つステージやおいしくかわいいマルシェ、
助産師さんや栄養士さんへの個別の相談コーナー、
アウトドアブランド ロゴスプロデュースによるキッズスペース、
親子の心に響くライブなど、盛りだくさんでお届けします!

**

こちらの記事もオススメです



***

◾️高橋さやかのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



↓食育フリーマガジンmogmag(モグマグ)の詳細やヒストリーはコチラ↓




◾️子どもと食に関する「知りたい!」がつまったモグマグ。

子育て中のママに大変好評です。

札幌市内近郊の子育て支援センターなどで配布している他、

遠方の方にはご郵送しています(送料別途)。


「mogmag モグマグ」を読んでみたい!という方は…

mogmag_13_hyou1-4


こちらからお取り寄せが出来ます

※ご注意ください※
サイトの性質上、価格が250円となっておりますが
本体は0円、250円は発送手数料として頂戴しております。