センパイ、今日ちょっとだけでも会える?

後輩からLINEが来た。


今週 校了予定の仕事もあるし、
夕方打合せも入ってるし
ライティングゼミの記事も出したいし
夕飯の準備も……

逡巡したが

うん、会おう。と決めて


会えるように頑張るから大丈夫だよ。と返信した。


連絡をくれた後輩は、ご主人の転勤で春に東北へ引っ越したばかり。
週末に結婚式があり、こちらへ来ていたのだ。
来ることは事前に知っていたけれど、
タイミングが合わないから会えなそうだね、とやり取りしていた。


それが、突然連絡をくれたのだ。


引っ越して2ヶ月。
たまたま、こちらに来たけれど
次にいつ会えるかはわからない。

だから、予定を調整して会おうと思った。


SNSのお陰で、いつでもどこでも誰とでも繋がれる。
そのおかげで沢山の同級生や先輩、後輩に再会することが出来た。
近況もいつだって知ることが出来る。

何年ぶりに会うのに、
「全然久しぶりな感じがしないよねー」と言い合う。


でも、SNSの文字や写真で知るよりも
たった2時間の再会の方が、ずっとずっと凝縮されている。
文字や写真だけでは伝えきれないこと、話しきれないことを
実際に会って話す、その時間が埋めてくれる。


会いにいって良かった。


これからも、誰かに会いたいと思われる存在でありたいな、と思った。

2016-06-26-15-37-56


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6624431958533612"
data-ad-slot="3323640886"
data-ad-format="auto">